本日も、おすすめ記事がそろってますよ!

自費出版の増刷

自費出版で販売した本が、想定していたよりも売れるということも充分に考えられます。在庫がなくなり次第、という売り切りにしてしまう方法もありますが、多くの場合は増刷という手段を取ると思います。在庫については、書店側や出版社側が把握しています。一般的な出版社では、在庫が少なくなってきた時点で、著者に増刷するかどうかの連絡をしてくれるそうです。増刷費用については、その段階で相談をすることができるそうです。もしも増刷の数が非常に多いという場合には、出版社側で費用を負担してくれるという場合もあるそうです。

増刷をするとなると、基本的には増刷費用が発生します。一冊でいくらと前もって決めている場合もありますし、本を販売した定価を元に算出するということもあるそうです。印刷は、まとめて行った方が安くなります。もしも売り上げが見込めるという場合には前もって多めに印刷しておくのも良いかもしれません。ただし、初めに多く印刷をすることは、同時に大量の在庫を持ってしまうリスクを抱えてしまうことにもなります。冊数については出版社側とよく相談をして決定するべきでしょう。

また、もしも在庫を抱えてしまった場合にも、自分で何かしらの販売手段を持っている場合には問題ありません。初めから講演を行って本を売る場合や、販売のイベントに参加する場合などには、増刷という方法でなく多めに準備しておくのも良いかもしれません。売れてから増刷というのもひとつの手段ですが、そもそも在庫がなくなる心配のない電子書籍での販売を考えてみても良いかもしれません。初期費用も安く印刷する手間もない分簡単に用意もできますので、紙媒体と併せての販売も可能です。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する